トップページ

超音波探傷シミュレーター
BASICダウンロード

勤務表作成ヘルパー
ダウンロード

お問い合わせ

会社概要

開発事例1

開発事例2

開発事例3

開発事例4

RapidSSL Site Seal

超音波探傷シミュレーターBASIC

package

◎シミュレーションデモ(mp4ファイル)

  1. 外径20、内径15mmの鉄パイプに斜めに超音波を入射した場合の横波成分のみ
  2. 横50、縦15mmの矩形鉄材に平面探触子から垂直入射した場合の縦波成分のみ
  3. 外径40mm鉄棒、円弧探触子から垂直入射した場合の縦波、横波成分
  4. 外径40mm鉄棒、円弧探触子から垂直入射した場合の縦波、横波成分、外周から4mmに直径2mmの欠陥あり
  5. 横50、縦15mmの矩形鉄材に平面探触子から垂直入射した場合の縦波成分のみ(全画面)
  6. 外径40、内径30mmの鉄パイプに垂直に超音波を入射した場合の縦波成分のみ、パイプ内部も水
  7. 矩形90×20の鉄の端面から垂直に超音波を入射した場合の縦波成分のみ、欠陥あり
  8. 外径50、内径40mmの鉄パイプに斜めに超音波を入射した場合の縦波成分のみ(欠陥なし)
  9. 外径50、内径40mmの鉄パイプに斜めに超音波を入射した場合の縦波成分のみ(欠陥あり)

◎特徴

■ パソコン上で2次元の超音波伝搬をシミュレーションできます。
■ 伝搬状況はリアルタイムにグラフィック表示されます。
■ シミュレーション中に一時停止/再開できます。
■ プローブで受信される受信波レベルがチャートで表示されます。
■ カーソルにより受信タイミングを確認できます。
■ シミュレーション条件を自由に設定できます。
■ 設定したシミュレーション条件の保存、読込ができます。
■ シミュレーションには離散点のレイトレーシング法を用いています。

◎シミュレーション条件

■ 時間分解能1nsecです。
■ 境界位置判定精度は10μmです。(1回の境界処理で最大14μm程度の誤差が発生します。)
■ 表示分解能は100μmです。(ZOOM機能はありません。)
■ シミュレーション結果の保存機能はありません。
■ シミュレーション再生機能はありません。
■ シミュレーション計算領域はプローブ、被検査材を含む領域+2mmの範囲です。
■ プローブ表面での反射はシミュレーションから除外しています。

◎用途

■ 被検査材形状や寸法での伝搬検討
■ 被検査材寸法変動による影響検討
■ プローブ位置や入射角変動による影響検討
■ 超音波探傷試験の研修・教育用ツールなど

◎シミュレーション条件パラメータ

■ プローブ条件
 ・ 形状(平面、円弧)
 ・ 曲率半径(円弧)
 ・ 振動子サイズ
 ・ 振動子中心座標
 ・ 振動子の向き(角度または振動子中心法線が通過する座標で指定)
 ・ 送信強度(2の0乗-9乗)
 ・ エッジ波の広がり角(エッジ部の法線からの広がり角)

■ カップリング条件
 ・ 音響インピーダンス
 ・ 伝搬減衰定数
 ・ 音速

■ 被検査材条件
 ・ 形状(矩形、円形、パイプ)
 ・ 矩形の場合:対角点1、2座標、コーナーR
 ・ 円形の場合:中心座標、外径
 ・ パイプの場合:中心座標、外径、内径
 ・ 縦波あり/なし
 ・ 横波あり/なし
 ・ 音響インピーダンス(縦波、横波)
 ・ 伝搬減衰定数(縦波、横波)
 ・ 音速(縦波、横波)

■ 欠陥条件
 ・ 形状(矩形、円形)
 ・ 矩形の場合:対角点1、2座標、コーナーR
 ・ 円形の場合:中心座標、外径
 ・ 音響インピーダンス
 ・ 伝搬減衰定数
 ・ 音速

■ シミュレーション条件
 ・ X方向範囲(最大100mm)
 ・ Y方向範囲(最大100mm)
 ・ シミュレーション時間(1μsec-1000μsec)

◎必要システム

■ CPU:Core2Duo、メモリ:2Gバイト以上のパソコンを推奨
■ OS:Windows7SP1(64bit)、Windows8.1(64bit)で動作確認済み

◎お問い合わせ

お問い合わせページへ

◎試用版ダウンロード

試用版ダウンロードページへ

◎ライセンス価格表

期間

価格(消費税別)

1ヶ月間

¥1,000.-

6ヶ月間

¥6,000.-

1年間

¥12,000.-

2年間

¥20,000.-

■ ライセンスのご購入はこちら

 

Copyright (C)2009-2015 I-SOFT Development All rights reserved.