トップページ

超音波探傷シミュレーター
BASICダウンロード

勤務表作成ヘルパー
ダウンロード

お問い合わせ

会社概要

開発事例1

開発事例2

開発事例3

開発事例4

RapidSSL Site Seal

開発事例1-棒鋼/鋼片超音波探傷システム(アレイ型)

画面サンプル

A/S/BScope

業種向先

製鉄会社棒鋼/鋼片工場

システム名

自動超音波探傷システム

システム概要

超音波フェーズドアレイ探傷により棒鋼の品質判定を行う

PC・OS

HP製サーバー機、4Core×2、RAID5、Windows Server 2003

開発環境

Microsoft Visual Studio 2003 (C/C++、MFC)

上位通信

双方向ソケット通信、検査条件受信、検査結果送信、検査終了受信

設備通信

PLCメモリREAD/WRITEソケット通信、I/Oハンドシェーク通信

探傷器

フェーズドアレイ方式超音波探傷器×6機、イーサネット接続

検査能力

軸方向分解能5mm、周方向分解能2.5mm、約2.5m/s以下

帳票

8種類、自動/手動出力

レコーダー出力

8CHアナログレコーダへD/Aにより出力

 

Copyright (C)2009-2015 I-SOFT Development All rights reserved.